ちょっと前までは、ゴトってすごく頻繁に行われていましたよねー
4号機の時なんか特に!
5号機になってからもゴトはありますが・・・。
今回はゴトの不思議について書きたいと思います。

にゃりこが疑問に思うのは『ゴト→対策→ゴト→対策』っていたちごっこって事。

どっからゴトは生まれるんだ。。。
サラリーマン番長_満員電車
↑ガタン。ゴトン↑

ちがーう!

あのですね、ゴトが発覚したらゴト対策部品っていうのが出てきます。

例えば、パチンコでピアノ線とかクリア定規みたいなのを使って球を一定のポケットに入れてだすゴトがあります。

それの対策で、そのパチンコメーカーが台にあったカバーみたいなのを作るんです。
・・・が有料!
プラ板みたいなので作ったショボイ部品が1個何千円もする。

スロットでショートゴト→配線をショートさせて大量上乗せを出す

このゴトの対策として小さなカバーを付けるこれも両面テープで貼るだけの部品が何千円。

大きな店だったら結構な台数分いるのでそれだけで結構なお値段なんですよね。

配線ショートしただけでそんなに大量上乗せでるの???
って思いますよね・・・。
それが出るんです。
エンタライズの某機種やあのG〇Dのメーカーの機種一回上乗せ3桁がドンドン出る!
夢のようですねー

台の横からちょとした器具である場所をイジるだけなんです。

そんな簡単にできるっておかしくないですか???

メーカーさん、絡んでない?

って考えてしまいますよね。
作った方は、何をしたらどうなるかプログラムできるしそれをちょっと流せばゴト発生で、対策部品が売れる!

ゴト師のお仕事ってメーカーさんも儲かるのです。

損するのはお店とお客さんだけー
みたいな。。。

昔、某メーカーのプログラマーが自分だけにわかるようなボタン・レバー操作(いわゆるコマンド入力)で簡単に大当たり引けるようなプログラムを作って儲けたって話も聞きました。
これは個人的な事例ですが。。。

ゴトってメーカーからも生まれてるんですね。

実際、ほんとにゴトしたら当たりや出玉でるのかお勉強会みたいなので試した事があります。
ちなみに今も稼働している機種です。

結果

にほんブログ村 スロットブログへ


こんな感じでサクサクっと出ます・・・はい。
もうまともに打ってるのがあほらしくなりますよね(´;ω;`)

しかもゴトは現行犯じゃないとなかなか捕まりません・・・。

しかし捕まったら警察直行です。

本当にメーカーさんがゴトに関わってるかは分かりませんが・・・。
にゃりこは怪しいと思うんですwww

ゴトやサクラいなくなってほしいですね。

あ!そうそう!
本日の偵察は1パチで5800玉GETしましたにゃー.。゚+.(・∀・)゚+.゚
ちょっと復活です(笑)

ありがとうございましたー!

 
グーグル先生のお薦め記事