さてさて
昨日は追悼ブログになってしまい
申し訳ありません(´;ω;`)

ゴト師捕獲の話の続きです。
→『ゴト師捕獲の話1

前回にも書いたのですが
ゴト師を逮捕まで追い込むには
現行犯であること。
証拠がハッキリしてること。
そう、ゴトの道具とゴトられた事実証拠。

その為には
ゴトをしたっていう現場の確認
誰がゴトの道具を持っているか
それを使ったかの確認と押収
まずこれが必要になります。

ゴトグループは5人いて
その1人が台の横に
立ち、他の客から見えない様に
あと2人が通路を見張ってました。
で、打ってる横に立ってたゴト師が
台の扉の所をゴチョゴチョ・・・


残り1人が店員になにか
話しかけて足止めしてる。
やったに違いない。

ゴトの道具は立ってた犯人Aが
持っている。そして打ってるB。
証拠はAとBの手の中にある。

ここまでは確認できてる。
後はこいつらがゴトで出したって
事実の確認。

今この場で行ってもまだ被害が
確認できていないので
注意しながら営業を続けた。

AとB以外は他の台を
打ちながら回りを気にしている。
何かあったらすぐ知らせるのだろう。

そうこうして数時間経過した。

店長が言ってた設定1の台は
ART当たり、乗せまくりで
コインを排出。
設定1の台が6000枚位出てる。


ここでにゃりこが不思議だったのは
ゴトったってわかった時点で
何故捕まえないのかなーって事。
前にいたお店では
ゴト師が台に何かした時点で
後ろから羽交い絞めにして
事務所に連れて行って
警察に引き渡したのに。
まあ店によって方針が違うし
最近は何かとめんどくさいから
確信できる証拠が必要なんだなー
と自己解決。

この話もまた書いてみようと
思います(・∀・)

ゴト師たちが店外に出ないか
店員たちもドキドキしながら
見張る。
AとBだけは
逃がしてはいけない。


時間経過は端折りますね。

22時過ぎ、交換ラッシュ
こういう忙しい時に紛れて
ゴトも動き出す。
交換しようと準備している。
ここで全員にインカムで通達。

ゴトグループが逃げないように
朝の店員とかも協力して
出口に張り付く。
警備のおっちゃんも張り切ってる(笑)

にゃりもドキドキしながら
カウンターに
ゴトがカウンターに来たら
「このレシートは交換できません」
って断る事。
その時に捕獲するらしい・・・。

ゴトが何するか危険なので
バイトには、危なかったら
逃げるようにと通達。

コインをジェットカウンターで
流したら9000枚オーバー

やってくれた!!!

いつもは2つ開けてるカウンターを
1つにして流れを遅くします。

AとBが並んだ!

捕獲まであと少し・・・。
心臓バクバクです。


文章が下手ですみません(´;ω;`)
にゃりの歴史にまた1ページ!
ありがとうございましたー(・∀・)

次回、『ゴト捕獲!(完)

--- スポンサーリンク ---

グーグル先生のお薦め記事