【4号機の思い出】師匠と荒稼ぎ・にゃり軍発足・1
の続きですー(*´ω`*)
1.師匠と荒稼ぎ
2.スロニート君の加入

さて
4号機時代、師匠と
番長で荒稼ぎしていた頃
あるお店に 朝一並びに行ったんです。

当時は、設定が入ってるのを
公開していたし機種イベントだと
高設定台を高確率でゲットできる。
それは並んででも取りたいですよね。

9時開店のお店でも
7時には10~20人はいましたねー
今では考えられないですが(笑) 

その日のイベントは
吉宗全456!
もう・・台数も少なくなってきてる吉宗!
是非ともGETしたいんですよねー

機械割り
設定
1・94.4%
2・97.7%
3・100.6%
4・106.4%
5・110.1%
6・119.9%


しかし、機械割云々より
W7揃いや俵8連、鷹狩などで
かなり万枚狙える機種。
千両箱

このお店は計6台の吉宗がある・・・
全456。座った時点で機械割は106以上!

朝6時半!
(今では考えられないけど・・・)
店に到着w
駐車場には車はナシ。
しかし・・・!!!

店の入り口には誰かが置いていった
物取り用の雑誌と缶コーヒー!

narabi

数的に5人分・・・。

おそらく閉店後か夜のうちに
場所取りしたのだろう。。。

そこへ1台の車。

1人の男の子が出てきた。
そう!後のにゃり軍のエース
スロニートくんである。
3人でこの状況を
しばらく見ていると・・・

「これ、朝からあったんすか?」
とスロニー君
「そう。人はいないんだが・・。」と師匠。

吉宗6台
にゃり、師匠、スロニー君で3人。
でも、5人分場所取りしてる。

・・・。

するとスロニー君が場所取りの
雑誌などを見て
「ムカツきますよねーこおゆうの」
っといって雑誌とコーヒーをまとめて
横にポイ!w
「1番に並んじゃってください」
と、笑顔で言った。

こ・・こいつやりおる(笑)

これで、1・2がにゃり、師匠。
3番目がスロニー君に繰り上がった。

師匠が
「ありがとう。ちょっと待ってて」
と、雑誌・コーヒーを持って
しばらく消えた。

「どこいったんだろー」とにゃり。
「証拠隠滅かw」とスロニー君。

で、何気ないスロ話をたら
師匠が戻ってきた。

置いてあった物は
コンビニのゴミ箱へ・・・。
もめた時何もなかったと言えるように。
そしてコーヒーを3本買ってきてくれた。

さすが師匠。
「いただきまーす!」

3人で色々話した。
スロニー君は1人で活動してる
そして・・・!
師匠とにゃりの活躍(?)は
結構有名になっている事。
スロ打ちの中であの二人は
稼いでるって(笑)

恥ずかしいー( ;∀;)

そして、7時位に2人来た。
後から1人。

何も言って来なかったから
雑誌置いたグループではない。

これで6人。
朝7時半。時間的に吉宗狙い。
他の台とは考えられない。

そこへ。
5人組が来た!
平然と一番前に・・・!
そこで、物取りしていた雑誌や
コーヒーが無い事に気づき・・・
にゃり達に声かけて来た!

ここから

熱い(?)
麻雀物語3

バトルが始まる!!!
   (笑)


また続きかきますねー。

長文読んで頂いき
ありがとうございましたー(。・ω・)ノ゙
ポチ。。。っと
押してください(・∀・)
おねがいしまーす↓

 にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
グーグル先生のお薦め記事